限度額の増額にも柔軟に対応してくれたプロミス

体験者の情報

・利用した会社:プロミス
・名前:はじめ社長(仮名)
・性別:男性
・当時の職業:無職
・当時の年齢:26歳
・当時の年収:0
・当時の借金合計金額:40万円
・利用時期:2011年5月

底をついてしまった貯金!

私はとにかく焦っていました。

前に勤めていた職場が突然の倒産。

収入が無くなり新しい仕事も見つからない内に僅かにあった貯金も底をついてしまいました。

とにかくお金を手元に用意しないと何もできなくなり私は悩んだ末に消費者金融からお金を借り入れることにしました。

とにかくパニック状態だった私は近くのATMに駆け込み書類にその場で記載をし免許証を出し身分証明をしてもらいました。

が、「お客様現在のお仕事は?」の一言。

私は「今は無職で」と返したら「無職の方とは契約は・・・」の返事。

今振り返ると当たり前ですが当時の私は焦りから半ば逆ギレしてしまいATMを後にしたのでした。

とにかく無職の段階でお金を借り入れる事が出来るようにしないとダメと考えた私は実家の手伝いをしてると嘘をついて契約をしようと思いつき2件目のプロミスに行きました。

プロミスのATMも近所にあったのでとにかく駆け込みました。

2件目だと少し慣れもありまた前回の失敗もあり事前にプロミスのホームページで条件を確認していたのでその通りに話を進め、仕事先も実家のやっていたお店にして契約にまで辿り着きました。

実家やプロミスの担当の方には申し訳ないと思いながらも私も必死だから許して!と思いながらでした。

在籍確認の電話も「今日は休みなんで」と別の日にしてもらう事にして私はATMを出てすぐ限度額25万のうち5万円をATMから引き出したのでした。

が暫く仕事は見つからずATMに行き新しく借り入れ返済しないと駄目な金額を返済して取り繕う日々は限界が近づいていました。

ある日限度額ギリギリまで借入額は膨らんでいました。

この頃には新しい仕事も見つかり多少の収入はありましたが生活苦には変わりませんでした。

私はダメ元で限度額の増額を申請しました。

審査の中で収入を収入証明の書類が不要なギリギリの金額にした私に対してプロミス側は即日で限度額増額を認めてくれました。

プロミスにして良かったと感じた点はここでした。

私のようにウソやごまかすのは言語道断ですが審査をしてお客側の立場にたった審査のスピードの迅速さや返済に向けたアドバイス等をくれたりする所など申し訳ないと思わせるほどに親切丁寧な態度で嬉しかったし、ほっとした気持ちになり冷静にやり取りをする事ができました。

その後は少しずつ返済をして無事に1円残らず返しきり今は貯金が出来るようになりました。

あの時プロミスに行かなければ自己破産してたかもしれないし、ブラック金融に手を出していたかもしれないし大袈裟でなく生きていなかったかもと思うと本当にプロミスで借りれて良かったです。