ホステスは高収入だけど支出もかなりあるんです

体験者の情報

・利用した会社:アイフル
・名前:ミカ(仮名)
・性別:女性
・当時の職業:接客業(ホステス)
・当時の年齢:25歳
・当時の年収:600万円
・当時の借金合計金額:150万円
・利用時期:2009年~2011年

支出ばっかり!

当時私は銀座のクラブホステスでした。

銀座のホステスと言うと高収入なイメージがありますし、確かに高収入を得る事は出来るのですが、美容院代、衣装代、お客様へのプレゼント、タクシー代など出ていく支出もかなりの額でした。

しかしそれは、ひいきのお客様の御心使いでなんとかなったりしたのですが(チップなど)、問題は「ツケで飲まれた飲食代」を補てんする事でした。

銀座のクラブと言うのはほとんど「ツケ」で飲めるようになっていますが、その飲食代の回収をするのはホステス自身です。

いわば、ホステスが「クラブ」と言う店舗を借りて個人営業しているようなシステムなのです。

なので、お客様が期限までに飲食代を払ってくだされば問題ないのですが、そうでないと、とりあえず肩代わりする必要があります。

銀座のホステスが借金を負う理由とはほとんどがこれではないでしょうか。

私の場合、最初はクレジットカードの(JSB,VISAなど)のキャッシング枠でなんとかやりくりしていましたが、大口のお客様からの入金がおくれ、70万、80万と言う大金が必要になり、どんどん借金はかさみ、キャシング枠だけではどうもならなくなりました。

そして当時家の近くに無人契約機のあった「アイフル」でを利用する事にしたのです。

無人契約機で簡単に契約出来たので借金をしている自覚さえなく、初回で簡単に30万円ほど借りれ、その月はなんとかする事が出来ました。

アイフルにしたのは最大手で、なんとなく安心出来たからです。

アイフルを利用してみて最初は便利だし何てありがたいんだろう!と思いました。

良かった点は、保証人などの必要もなく水商売でも借り入れが出きた事(しかし、私が働いていたお店は一応「有限会社」でした)、審査が拍子抜けするほど簡単な事です。

悪かった点は、返済が遅れると、翌日から電話がすごかった事です。

同じアイフルで借りていた友人はそのような事がないと言っていましたが、私の場合は出るまでかかってきました。

そして三度目に延滞をしてしまった時は「一括返済」連絡がきました。

一括返済できる状態ならそもそも消費者金融からは借り入れをしないのに、とその時は怒りを感じましたが今思えば当然の事ですよね。

結局、アイフルからの借り入れ分を返済するために、別の消費者金融から借り入れをする・・・と言う最悪の状況になりました。

借金をしている感覚さえないまました借金なので、自分に自覚がなかった事が敗因だと思いました。

消費者金融からの借り入れの盲点は「借金している自覚が生まれない」と言う事かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です